マンションとアパートはどう違うのか

アパートのメリット・デメリットについて

賃貸物件のタイプは色々ありますが、アパートとマンションの違いって何だろうと疑問に思うことはありませんか?どちらにしようか迷っているなら、どちらを選んでも後から失敗したと感じることがないように、両タイプの特徴の違いをよく把握して比較してから決めるとよいでしょう。建物の階層が2階までの集合住宅のことをアパートと呼ばれています。そして、アパートの建物の構造は、木造や軽量鉄骨(プレハブ)などの材質で建設されていることが多いです。比較的安価な材質で建設されているため、家賃が安いというメリットをもちます。また、建物の構造上、木造や軽量鉄骨などで造られているため、遮音性があまり良くないというデメリット面もあります。

マンションのメリット・デメリットについて

マンションは、3階以上の建物の階層のことを言います。マンションは、重量鉄骨造や骨コンクリート造、軽量気泡コンクリートなどの材質を使用している構造の建物です。頑丈な材質で建てられているため、遮音性や耐震性、耐火性が良いというメリットがあります。そして、防犯カメラやオートロック・ダブルロックなど、セキュリティ面に優れたマンションも多いため、女性の一人暮らしの方は安心して暮らせるでしょう。デメリットとしては、アパートよりも家賃が高めということがあります。材質のコストがアパートよりもかかるということや、設備環境が良いマンションほど家賃も高くなります。家賃を抑えたい、防音や防犯を意識したいなど、自分が何を重視したいかをよく考えて、アパートとマンションの特徴を見比べて決めるとよいでしょう。

札幌西区の賃貸のメリットといえば、地下鉄東西線やJRなど交通の便が多いので車を持たない方でもいろんな場所へすぐ行くことができるのが最大の魅力です。